ベンチプレス200Kgを目指すには?可能なの?

ベンチプレスを極めてみたい。

そう考える人は多いことでしょう。

その中でもベンチプレスで200Kgという異次元の重量を上げてみたい!って思う人もいるのでは!?

確かにベンチプレス100Kgを突破したら次は200Kgだ!というふうになるのかもしれません。

でも、ベンチプレス200Kgって凄いことです。半端ではありません。

 

ベンチプレス200Kgは難しいのか?

まずベンチプレス200Kgが簡単かというと、完全にむずかしいです。というか普通の人は努力しても無理!そういうレベルですね。

難しさで言うと国立大学に合格するよりも難しでしょう。

だって日本中でベンチプレス200Kgを持ち上げることが出来る人って数人程度か、もうちょっとくらいしかいません。

そんな事に挑んでいくのは相当無理がありますよね。でも、それでもベンチプレスを極めたい!という方がいるでしょう。

200Kgを目指すために重要な事を書いてみますね。

 

体重を増やす

ベンチプレスを強くするためには体重を増やすようにしましょう。

体重が重くなればなるほどベンチプレスは強くなります。

100Kg以下の体重でベンチプレス200Kgを上げることの難易度は驚くほど高いです。

70Kg程度の体重で200Kgを上げることができる日本人は数人です。逆に100キロ以上体重があれば挙げることが出来る人はぐっと増えますね!

結局体重の重さは相当重要な要素となるわけである。

 

師匠を見つける

我流で挙げれるようになるのは、せいぜい150Kgまででしょう。これが筆者の感想である。

このあたりまでは高頻度のトレーニングや体重増加などで、何とかもっていける。

しかし、これ以上は未知の世界というか日本人であまり経験している人が少ない。

だからこそ200Kgを挙げる人を師匠につけましょう。これが最強!

だって、その人は200キロまでの道筋知っているから。お金を払っても、ジムに通っても学ぶ価値があるでしょうね。

もちろん努力は必要ですよ。ただ教えてもらえば挙げれるという甘いものではありません。

でも200キロ挙げることができる人はブリッジの組み方、脚の使い方、バーの持ち方、下ろす起動など全てを綿密に行っています。

そのような人に習うのが最も効率的なのです。とりあえずは自分で100Kgくらいまではしっかりと練習して、そういう人が運営しているジムなどに入会するというのも良いと思います!

それほどベンチプレスで200Kgというのは難しいことです。

安易に目指さないほうが良いかもしれません。専門的な知識に加えて練習時間も相当取れないと難しいですね。

このあたりのことを頭に入れてトレーニングしていきましょう。